アフターピルの中でも人気のアイピル

アイピルの働きと副作用

仲の良いカップル程、セックスも熱いもの。決して、おかしなことでも恥ずかしいことでもありません。しかし妊娠を望んでいないのであれば、しっかり避妊をする必要があります。そんな時、コンドームに穴があいてしまったり破れたり、外れたりしてしまうこともあるかと思います。さらに、あってはならないことですが無理やり強姦されることも万が一ですが考えられます。

そのような時に心強いのが、アイピルです。一体どう心強いのか、その働きをみていきましょう。そして、副作用もしっかり理解しておくことが大切です。

アイピルって、どんな時に使われる?

避妊効果を考えると、コンドーム装着も方法の1つです。しかし、これは男性の協力があって始めて出来る避妊方法です。このようなことを躊躇うパートナーに対しては、ピルを定期的に飲んで避妊効果を高める必要があるでしょう。普段から、ピルを常用しておくことが必要ですが低用量ピルの避妊効果はほぼ100%に近いので、確実な避妊策と言えます。

しかし、低用量ピルは飲み続けなければいけません。飲み忘れをしてしまうと避妊効果は薄れてしまいます。その状態でセックスしてしまうという可能性も全く無いとは言い切れません。またコンドームを使っていたとしても破れたり外れたり、などのトラブルも可能性はあります。その時に、大いに役立つのが、アイピルなのです。

アイピルはどんな風に作用するの?

アイピルは、強制的に生理を起こせることができる薬です。子宮の内膜を強制的に剥がします。そうすることで、受精卵の着床を防ぐのです。言わば、人工的に生理を起こさせることで避妊効果を出します。但し、飲むタイミングがとても重要になってきます。

アイピルは、どのようなタイミングで飲むべきか?

アイピルを服用するタイミングイメージ
いくらアイピルが避妊効果を持っていたとしても、飲むタイミングが遅ければ、何の意味もありません。時間にして、どんなに遅くても72時間以内が限度とされています。それは受精卵が着床する前に体内に吸収させることで、避妊効果を出さなければならないからです。
しかし72時間以内であっても、遅ければ遅い程、避妊の成功率が低くなりますので、理想的には24時間以内に飲むことが、推奨されているのです。

副作用の心配はない?

副作用に対して不安を頂いている女性
人によって個人差がありますが、副作用があることは事実です。子宮内膜を剥がして強制的に生理を起こすのですから、自然なサイクルではありません。したがって、かなりの負担が身体に強いられるのですから、大なり小なり何らかの副作用が起きても不思議ではないのです。常用される低用量ピルはホルモンが含まれる量が少ないですが、アイピルはかなりの量が含まれています。そのせいで具体的な副作用は、嘔吐や頭痛が典型的な症状として、挙げられます。

避妊効果は高いものの、急激にホルモンバランスを壊してしまうこともあります。このようなことから、人によっては激しい下痢やむくみのような副作用を訴える人も少なくありません。

副作用で注意すること

アイピルの避妊効果が高い反面、飲んだ後の副作用として吐いてしまうことがあります。
この時に注意しなければならないことがあります。薬の吸収がなされる前に吐き出してしまうことです。副作用にも気を付けなければなりませんが、避妊効果が全く現れないのです。したがって、嘔吐した後から3時間以内には再服用が必要になってきます。そうしないと避妊効果が期待できません。

3時間以内に吐き出してしまった場合には、もう一度アイピルを服用しましょう。その後副作用があまりに強くあらわれたり、また吐き出してしまうようなことがあれば、専門医の適切な診断を受けることも必要です。

アイピルの位置づけを正しく理解しておくこと

アイピルについて理解しているイメージ
このように副作用があるもののタイミングが合って適切な服用ができれば、確実と言える程に高い避妊効果を期待できることも理解できたことと思います。しかし、身体への負担も大きいです。頭痛や嘔吐だけでなく、酷いケースにつながってしまう可能性もあります。

子宮内膜も敏感な部分であるにもかかわらず、強制的に剥がしながら生理を起こさせることは、とても大きな負担がかかってしまうことは、容易に想像が付くことです。ただでさえ普通の正常な生理でも、頭痛や腹痛、吐き気を催してしまう人がいる中で半ば強引に生理を引き起こすことが、どれほど大変なことでしょうか。このようなことから、アイピルの服用はあくまで臨時的な緊急措置であることを自覚しておかなければならないのです。

パートナーに避妊に理解を求めて、計画的な避妊がベスト

間違っても、普段から常用することはやめましょう。また最近は、セックスに対する構えがとても軽くなってきている印象もあります。そうなると、予想外の性交渉の機会も全くないわけではなくありません。このような時だからこそ、アイピルの存在は大きなものかもしれません。

しかし、便利だからといって自分の身体に負担をかけることは、良いことではありません。日ごろから低用量ピルを使うなり、パートナーとなる相手のキチンとした避妊の協力も求めて行くことが、女性が自分の身を守る為に必要な大切なことなのです。そして、どうしてもといった緊急時にだけアイピルを服用して、避妊するようにしましょう。

副作用について