アフターピルの中でも人気のアイピル

アイピルで避妊失敗しないためには着床前が必須

time 2017/05/18

アイピルで避妊失敗しないためには着床前が必須

仲の良いカップルだからこそ、性行為の時の避妊は大事なことです。結婚している2人でも、家族計画を考えて、避妊をすることが必要です。しかし2人の思いと反して、避妊失敗があったなら、性行為の後でも避妊ができる避妊役があります。それがアイピルです。

これは毎日飲む低用量のピルとは異なり、性行為の後の服用で避妊することができます。この薬を使うことで、望んでいない人参を避けることができるのです。その中でもアイピルはアフターピルの一種で、個人で購入できる薬として使えます。

アイピルの避妊のメカニズム

一般的にはアフターピルは性行為の後に服用して、避妊をする薬なのですが、これは受精卵が着床前前に体内に人口的に女性ホルモンを増やして、生理を起こすことで妊娠を防ぐ仕組みです。半ば強引に生理を発生させるのです。

「避妊失敗だけどアイピルを手にいれて飲んだので、もう安心。」とホッとするカップルもあるでしょう。しかし、それだけでは決して安心してはいけません。服用したからと言って、必ず避妊が成功しているとは言い難いからです。

「だってアフターピルなんでしょう?」と疑問に感じる人も少なくないでしょう。しかしアイピルが最大の効果を発揮されるには、服用するタイミングが大事なのです。

着床前する前に服用することとは?

受精卵が着床前にアイピルが効くのですがそのためには、この薬を飲む時間が大切なのです。性行為の後にできるだけ早く飲まないと、避妊失敗の確立が高くなってくるからです。遅ければ遅い程、避妊失敗の度合いが強くなってきます。

具体的なタイムリミットは?

アフターピル服用のタイムリミットは
アイピルの服用は着床前なので、どんなに遅くても性行為後、72時間以内に飲まなければ効果を発揮させることができません。せっかく購入して服用しようと決心したとしても、飲むタイミングがずれたために避妊失敗という悲しいことになってしまうのです。

避妊率も時間で異なる

しかも効果のあるとされる72時間以内であっても、避妊率は大きく変わってきますので充分に理解をしておくことが大事です。理想的には性行為後、24時以内の服用することがベストなのです。この時の避妊成功率は9割程度と言われています。しかし72時間近辺になると、確率は7割程度まで下ってしまうのです。

避妊率を高めるためには

通販の方が良いこともある
このような時間的な制約があるために、できるだけ早く服用することが必要なのです。しかしアフターピルは、基本的には薬局で購入することができません。産婦人科で処方してもらい、薬の購入となります。これでは急ぎたくても時間がかかってしまい、焦りが募るばかりです。

しかしアイピルはネット通販で購入することができますので、即日配達してくれる業者から購入することで服用時間を大幅に短縮できることも知っておくと便利です。処方して購入するより、安価で手に入れることができるメリットもあるのですが、できるだけ早く服用したいならという必要性から見ても、メリットがあるのです。

副作用による避妊失敗も理解しておく

着床前の服用ができたとしても、もう1つ知っておきたいことがあります。それは副作用から来る避妊失敗です。アイピルは、飲んだ後に大きな副作用がくるケースが少なくありません。急激な腹痛や嘔吐感です。飲んだ後にしばらくして嘔吐感が訪れることがあるのです。

この嘔吐感を我慢しきれずに吐いてしまうことがあります。この時に、せっかく飲んだアイピルを吐き出してしまうのです。そうなると、アイピルの効果がなくなり避妊失敗となるのです。

嘔吐の時間

服用の時間をきちんと理解
これもタイミングが重要です。アイピル服用後、2時間以内に嘔吐してしまったならアイピルの成分が充分に吸収されていたので、効果がないと判断しなければなりません。したがって、この時間内で嘔吐の場合には、再度服用することが必要になってきます。

しかも、アイピルの副作用が再び来ることもありますので、注意が必要です。もし2時間以上経過しているのだあれば、問題はありません。このように時間の制約があることから性行為後の規定時間内の服用であっても、副作用からくる避妊失敗のリスクがあることも知っておかなければならないのです。

アフターピルの性質をよく知っておく

このようにアイピルは普通の避妊薬と異なり、後からの利用でき妊娠を防ぐことができます。しかし、この薬の特性を十分に理解しておかないと失敗するリスクが高いのです。絶対に避妊できるとは言えないのですが、正しい理解の下で服用することで避妊率を高めることができます。それでも不安はつきまといますし、アイピルでの身体への負担はかなり重たいものがあります。

したがって避妊はコンドームや低容量ピルを使うことを常として、アイピルの利用は非常手段と理解して使うこととした方が良いのです。2重3重の対策の選択肢として理解しておくと良いでしょう。

副作用について